借金をまとめることをお考えなら、こんなローンがおススメです!

複数の業者から借入をしていると、その返済は非常な負担となって、その人の生活を圧迫してきます。返済の為の借入を重ねて、遂にどうしようもならなくなれば、債務整理という方法で一気に解決することもあるということも、ご存知の方は多いでしょう。ただし、この債務整理をしてしまうと、5年から10年も事故情報として登録されてしまうのが、大きなデメリットなのです。

このように、信用情報機関に事故情報として一旦登録されてしまうと、例え登録期間が終了しても、カードローンの借入だけでなく、自動車や住宅、クレジットカードなど、借入に関して多方面に影響が残る可能性があります。そのため、誰でも簡単に思い切れるというものでもありません。やはり、できる限りは自力で完済を目指して頑張ることが望まれます。そんな人の完済までの道のりを、少しでも楽にできるような方法があります。

それが、おまとめや借り換えといったものなのです。この方法は、債務整理のように、借金に一気に整理をつけることのできる方法では決してありません。あくまで地道に完済への道を辿るための、ひとつの工夫だと言えるでしょう。そのため、借り換えにあまりに多くの事を期待し過ぎてしまうと、失敗してしまう恐れもあるのです。

おまとめローンを選ぶ前には、必ずこの点を踏まえておく必要がありますよ。そして、その上で、少しでも効果のある借り換えができる商品を選ぶことが大切になってきます。「効果がある」というのは、ただ一点、利息が低いところで借り換えるということによってのみ、可能になってきます。少しでも低い利息で借り換えないと、余り楽にならず、結局は完済までに息切れしてしまう可能性も高いのです。

しかし、低い利息で借り換えれそうなところで申込んでも、必ずしも審査に通るとは限りません。審査に通らず、希望通りのところでおまとめができなかった場合、少しランクを落とす必要も出て来るでしょう。利息が若干高いところで借り換えた場合、利息の軽減効果は減ってしまいますよね。どのくらいまでならば返済が楽になると実感できるのか、実は判断は難しいところなのです。また、このように審査に通らず悩んでいると、問題のある業者の勧誘に乗ってしまう危険性も出てくるのが、それ以上に心配なところなのです。

このような問題のある業者は、低金利のいい条件で借り換えやおまとめをすると言いながら、実は債務整理を勧めてその紹介料や保証料を取るといったものや、他の金融業者から借りて送金するよう指示されるなど、様々な手口でお金をだまし取ろうとします。手口は色々あっても、やり口は同じ。借金を抱えておまとめをしたいと焦っている人の、弱みにつけ込むという共通点があります。

このようなことを防ぐには、自分に複数の借入があることを、よく分からないサイトのアンケートなどで、不用意に明かさないことも重要ですよ。このようなサイトで個人情報を入力してしまうと、後でよくない業者のターゲットにされてしまう可能性大です。銀行や大手消費者金融のサイトの簡易診断などは安心できますが、どこが運営しているのかよくわからないサイトや、ダイレクトメールに貼ってあるURLなどには、くれぐれも注意してくださいね。

主なところでおまとめの審査に通らなければ、借り換えたところで返済は無理だと諦めて、目的を債務整理に方向転換することも必要です。長く迷っていると、このような業者に引っかかる危険性も増えてくるということは、どなたにも注意しておいてほしいところです。

閉じる