年金生活者の方必見!受給開始前から考えておきたいカードローン計画

年金生活者といっても、年金だけで悠々自適という方は少数派のようです。大半の方は、年金だけでは生活できませんから、老後の蓄えを切り崩していくしかありません。しかし、それも年金受給開始年齢が引き上げられることによって、定年退職後も年金が貰えない期間が増えることになりますから、当然貯金もその分減りが早いことになります。これからは、年金と貯蓄だけに頼る訳にもいかず、定年後も再就職する方は増えてくるでしょう。

しかし、昔と比べて皆さん若々しいとはいっても、年相応に体も弱っています。持病のある方も少なくありませんから、そうバリバリと働くことは難しいでしょう。とりあえずの収入は得ることはできても、十分な額を確保できるとは限りません。そんな場合に考えられるのは、やはり必要時にはお金を借りることなのです。年金生活者であっても、例え小額でも安定した収入があれば、どこでもお金を借りることができるんですよ。

現金収入さえあれば、収入についての制限のある消費者金融でも可能です。その場合、気になるのは年齢制限ですね。多くの金融では契約時の年齢が65歳までとなっていますから、どうしてもそう長い間借りることはできません。銀行の場合は、収入についての規定がありませんから、年金収入のみでお仕事をしていない方であっても、お金を借りることができます。年齢の上限も、65歳より高い場合もありますよ。また、地方銀行や信用金庫などでは、年金生活者に限定したカードローンもあります。これならば、勿論お仕事をしていても、していない方でも、安心して審査を受けることができますよ。また、申込時の年齢の上限にも更に余裕があるのでより安心です。

このような年金生活者向けのカードローンでは、年金の受取口座がその銀行の口座であれば、利息の優遇サービスを受けることができます。年金受給の年齢に達したら、振込口座を決める必要がありますが、このときに、カードローンのことも少し考えて銀行選びをしておくことをお薦めします。後で手続きし直すことも可能ですが、面倒でもありますし、もしも借りるとしたら、なるだけ早い時期に審査を受ける方が通りやすいと考えられます。条件は早く整えておくに越したことはありませんね。

地元の地方銀行などで、そのような商品がないか、一度調べてみるといいですよ。もしも年金生活者向けのカードローンがあれば、その銀行で口座を開いて、年金受給の手続きをする際にはこの口座を指定しておきましょう。これで、いつカードローンを申込んでもOKです!落ち着いたら早い目に契約を済ませておけば、何かあった時にも安心ですね。

閉じる