キャッシングは自営業こそ活用したい!その便利な借り方とは?

自営業の人でも、キャッシングは便利に使いたいもの。しかし、一般にお金を借りる条件を見てみると、カードローンは使途自由というのが基本なのに、事業目的は除外になっていることが多いですよね。しかし、個人の商店主さんなど、勿論自分の生活費としてもお金を借りたいことはありますから、そのような場合は個人向けのローンでも、基本的には問題はありません。

しかし、やはり事業の為にお金を使いたいこともあります。その事業の内容によっては、比較的低い金額帯で、頻繁にお金が必要になることもあるでしょう。そんな時には、生活費としても事業用としても、どちらの目的でも利用できる事業主用のローンもあるんですよ。これですと、ある時は生活費として、またある時は商売用にと、特に区別せず自由にカードローンを利用できます。

生活と事業が密着した個人の事業主の方には、まさにピッタリのカードローンだと言えますね。急いでお金を借りなくてはならない時には、カードローンほど便利なものはありません。生活費のピンチも慌ただしいものですが、商売や事業ではもっと緊急を要することもあります。もしも近くの銀行やコンビニでさっとお金を借りることができれば、助かる方も多いのではないでしょうか。

しかし、このような生活に使えるカードローンは、消費者金融で借りる場合、年収の三分の一までしか借りれないという総量規制がかかってきてしまいます。もしもそれ以上のお金を借りるとしたら、この規制のかからない銀行から借り入れる必要があります。銀行のものであれば、例え年収の三分の一を越えていても審査を受けることは出来ますよ。

ただし、審査に通るかどうかはまた別問題。無事通過できればいいのですが、既に多くの借入をしている人に、銀行がそう簡単にお金を貸すとは思えません。しかし、そんな場合には、消費者金融の事業主向けのローンがあります。これは、カードローン形式ではありませんが、事業目的のための目的別ローンで、総量規制はかからないんですよ。

自営業の方の場合は、銀行から借りることができない場合、このような消費者金融の事業主ローンを借りておくのが、やはり安心ですね。後から別口で個人向けのカードローンを借りても、先の借入額が融資枠に影響しませんから、困ったときにも安心して申込むことができます。特に、収入の不安定な自営業の方の場合、生活をカバーするカードローンの利用枠は貴重です。そのためにも、このような使い分けをすることが大切だと言えます。

閉じる